お問い合わせ

会話力アップに特化した楽しい授業の韓国語学院

金敬善韓国語学院

 

 

 

課外授業


 



第22回目の課外授業は、韓国のお餅「」を使った、おしゃれなスウィーツです。
みなさん、なぜか今日は集まりがはやいですね。

明るい色の韓服に着替えたメグミ先生の料理教室が、元気にスタート!前半の韓国語での説明は韓国でも通用するレベルで、メグミ先生のものすごい努力にキョンソン先生も感心していました。

この日のレシピはすべて韓国語で書かれています。 カズミシはこれくらいならスラスラ読めて意味も分かるはずなのに、なぜかいちばん前まで出てききました。

全文韓国語のレシピにノート持参のミヤコシも、お隣のアズマシも完全にお勉強モードです。

今日の材料一式ですが、他に隠し玉があるのです。あとでわかりますが、この隠し玉の演出こそメグミ先生のセンスとオリジナリティが光っているのです。

まずはじめに、メグミ先生がすべての手順をデモンストレーション。
うるち米の餅粉のこね方などが、講師用キッチンの上に設けられた鏡に映ってよく見えていました。

みんな講師用キッチンの上に設けられた鏡に映る手順を見ていますが、クゼシは「ほ〜ッ」と言っています。

定年後は、お餅屋さんをはじめようと言うのではありませんが、何をやってもまじめに取り組むのがウエハタシの流儀なのです。

イイダシ、サイトウシ、ノザワシの3人組も真剣です。

を型に入れて蒸す直前の、最後の仕上げをするメグミ先生です。

さて、いよいよ作業開始!の前にちょっと記念写真でも・・・
左からサチコシ、オクムラシ、トミオカシの3人娘??です。

え〜っと、役割を決める前にちょっと材料を確かめて・・・と。
米粉を手に、なにやら相談のミネコシ、フミコシ、ヤギシの3人です。

いいですね、天真爛漫なサトミシのこの笑顔・・・
これから始まる苦労を知らない間はこれでいられるのです。

よかったですね〜、今回はクゼシにもはじめから仕事をもらえたのです。これでそこら辺をウロウロしなくてもすみますね。

今日はウエハタシもはじめから働いてるぅ〜
今回は切ったり皮をむいたりのハイレベル?な作業がないので、男性陣もそれなりに役にたちそうですね。

このグループは何かまとまりがありそうですねぇ。
全員がボールに手を突っ込んでいます。それだけのことですが・・・

メグミ先生はそれぞれのテーブルの進み具合を見てまわります。
やっぱりお料理教室はこんな雰囲気になるのですねぇ。

はうるち米のお餅。 これに黒豆をいれて蒸しますが、 固さは耳たぶくらい。

さぁ、ちょうどいい固さにこねあがったお餅に黒豆もいれて、型にいれ たらヘラを使ってきれいにならします。

あら、こちらのグループもうまく進んでますねぇ、と言ったかどうか・・・メグミ先生はキッチンじゅうを動き回って大活躍です。

いよいよお餅を蒸し器に・・・ん、うまくできたな・・・、ちょっと自慢げなアズマシであります。

のお餅を蒸しているあいだに、つくりにとりかかります。ユズ茶入りのシロップに可愛く浮かべたいので、きれいに仕上げるのに集中です。

おおきなお手手に小さなお餅。
恐る恐る作業に集中するクゼシであ ります。

どう?うまくいってる?と言った雰囲気でのぞくノザワシ。
小さな作業にみな集中しています。

あちゃ〜、餡がはみでてしまいました。ちょっと欲張りすぎたかな??
には小さく刻んだナツメとユズが入るのです。

お餅も蒸しあがったようだし、も茹であがったようです。 湯気のむこうのカズミシはいい雰囲気です。

茹であがったは冷水にとって冷やします。

つやつやと美味しそうに仕上がった。 ここにユズ茶の入ったシロップを張って出来上がりです。

のお餅もおいしそうに蒸し上がりました。

さて、ここで登場したのがメグミ先生オリジナルののデコレーション。見た目は簡単そうですが手間がかかり結構むずかしいので、今回はあらかじめ作ったものを用意してくれました。

出来上がった
いかがですか、これならクリスマスパーティにもお誕生パーティのプレゼントにもぴったりの、おしゃれなスウィーツになりますね。

では、そろそろお皿を並べて今日一番のお楽しみ、試食会の準備をはじめましょう。

仲良く3人で入刀式をして試食会。
うまくできて満足のカズミシとサトミシですが、ん?、ウエハタシだけがあらぬところを向いています。

さぁ、できたぞ〜!
努力の結果に満足のショウコシ、サユリシ、イイダシ、ノザワシ、サイトウシの5人グループです。

どれが美味しいかな?て、どれもいっしょやがな〜
カウィバイボで決めるアズマシ(顔が切れてゴメンナサイ)、ミヤコシ、オクムラシ、トミオカシのグループ。

私たちカウィバイボの結果、こうなりました。

何やらウエディングケーキ入刀!と言った雰囲気は、ヤギシ、フミコシ、ミネコシ、クゼシのグループです。

私たちだって、チョー満足で〜す

ゴメンナサ〜イ、写真を撮る前にの端をかじっちゃいました〜。
はちょっとっ不揃い、て感じですが味は絶品でした!
器をおしゃれなものにすれば、もっともっと素敵になります。

メモ書きでいっぱいのショウコシのレシピ。
もうすぐクリスマスがやってきます、おうちでためしてくださいね。

メグミ先生はみんなに人気!
終了してから記念写真の順番待ちでした。

最後に割り込んできたのはウエハタシ。この日いちばんの笑顔じゃないですか・・・
でもメグミ先生は元気印で可愛い先生ですから、許してあげます。