お問い合わせ

会話力アップに特化した楽しい授業の韓国語学院

金敬善韓国語学院

 

 

 

学院イベント

今年も金敬善韓国語学院選りすぐりの芸能人総出演!!
持ち込み料理コンテストや芸能タレントグランプリなど、盛りだくさんのプログラムで楽しい1日をすごしました。
ロッテホテルさんやロッテ免税店さんからのレアものプレゼントもあって、お得感もてんこもりで、満足しました。
今年のチマチョゴリパレードは7人、ちょっと寂しいかな…


それでも、穏やかな冬の陽の中を元気に歩きだします。
オルシンは「これからクリスマスパーティに行きますッ!」、という感じ丸出しでした。

にぎやかな心斎橋商店街を楽しく歩きます。 ショウコシとミナミシは、なんとチマチョゴリが良く似合うこと。 ヒサツギシはいつものとおり、モクモクです。

会場では幹事グループが準備万端整えてお出迎え。 こんなにノリのよいグループとは思いませんでした。

いつものように、はじまりはジャズのライブです。 今年のボーカルは実力派で、これからが楽しみな大野泉さん。

ピアノは第1回目から出演してくれている、おなじみの吉尾敬彦さん。最近は痛風で、いつものダジャレにも冴えがみられません。

テンポの速い曲になれば、会場はこのとおりノリノリになります。 会場がこんなに盛り上がる発端は、どこかでキョンソン先生が踊りだしているはずです。

金敬善韓国語学院は、とりあえず賑やかなことがあればすぐに盛り上がってしまうのが特徴です。

ジャズのライブも終わって、さぁこれからがパーティ本番! 乾杯の音頭は、昨年ダースベイダ―で顔が見えなかったクゼシ。

去年、美味しいものにありつけなかったハタウエシは、今年も手ぶらでウロウロ。 エリシを見習わなければ今年も食べられませんよ。

今年も「持ち込み料理コンテスト」は豪華版でした。 サチコ・サヤカ親子のオードブル、どこかのお店から持ってきたのちがう? ちょっと、これハンパやないで…

ヒョン・ヨンジャシの手作りビールはいつもすぐになくりますが、結局今回も一滴も口に入りませんでした。 重箱はムツミシのおいなりさんです。1個口にはいりました。

美味しそうな焼き色のパウンドケーキはまたたくまに無くなって、とうとう口にはいりませんでした。結局(ほうれん草)も食べられなかったけど、(豆もやし)は美味しかったなぁ。

何はともあれ、まず腹ごしらえ。 唐揚げ派のシオリシは、豪華「持ち込み料理」にあたらなかったのかも知れませんねぇ

食べて、飲んで、おしゃべりして… この時間がたまりませんねぇ。

会場で、ひときわ目立っていたアロハ4人組。 ハワイアンでもやるのかな?と思っていたら、ひたすら食べて、おしゃべりに熱中していたのであります。

あれッ?アルコールを手にしていないキタムラシ。 その横でビールを飲むシミズシ。ヨンさま酒でなくて残念でした。

場を盛り上げる名人のナガハシシは瞑想中?です。 出番に備えてスタミナ温存か・・・

あまりお酒を飲まないアラキシはいつも静かです。 オカダシもしっかり食べて飲んでくれたのかな?

いつももの静かなヒサツギシは何に驚いているのでしょうか。 手作りビールを10本も提供してくれたヒョン・ヨンジャシは、はやくもお疲れか…

幹事グループは美味しい食べ物の誘惑にかられながら、次のプログラムの確認です。ご苦労さまでした。

学院から会場までパレードした、今年のチマチョゴリ3人組です

クリスマスパーティ恒例の「オルシン オン ステージ」。 背中にかついだ赤い袋のコリアンサンタの贈り物を狙って、カリブの海賊が闖入!

韓国語版「六甲おろし」の大合唱作戦に失敗したオルシン。 「ちょちょっと… ちょっと待って〜な…」、目論見が見事に外れて心残りな2011年でした。

「ポピポピポピポ〜♪」 アジョシグループの出し物は、韓国美女グループのヒットソング。 必死の子猫ちゃん踊りも「何か悪いものを見てしまったなぁ」と言う感じ。飛び入りの女性陣に助けられましたなぁ。

でも会場は見てのとおり、総立ちの大盛り上がり!! さすがアジョシグループ捨て身のパフォーマンスでした。 スゴ マニ ハショッスムニダ

カリンシは韓国歌謡のノリが最高の「?」を歌いましたが、こんな歌を歌うとまずいことになるのとちがうかな…?

ホレホレ、そんな歌を歌うからこんなことになってしまうのです。 金敬善韓国語学院は、ノリだしたら適当に終わるということがいちばん苦手なんですよ〜