お問い合わせ

会話力アップに特化した楽しい授業の韓国語学院

金敬善韓国語学院

 

 

 

学院行事





 


金敬善韓国語学院開講10周年記念の学院際は、土曜中級クラス サイトウシ作曲による学院ソングの披露で幕が開きました。
10年目にして初めての学院ソングが誕生。ジュンコシが歌を披露してくれました。感動です。

10周年記念学院際は、企画や準備を土曜中級クラスの皆さんが担当してくれました。司会のショウコシの韓国語の宣言で、学院祭の幕が開きました。

普段は少々引っ込み思案のトモコシもマイクを手に、ちょっと緊張です。
この日は始まりから終わりまで全編3時間の司会を、韓国語で通しました。

事情があってクラスとは別にお勉強しているユキシが、ずっと裏方で準備をすすめてくれていたのを、キョンソン先生は知りませんでした。この日も韓服を着る間もなく、キョンソン先生やメンバーのヘアセットから受付など、裏方に徹して頑張ってくれていました。

準備担当の土曜中級クラスのメンバーは、11時開始の学院祭に9時半には会場入り。
イスや机を並べたりステージの準備をしたり、早朝からおつかれさまでした。

いよいよプログラムの一番目、韓国語スピーチのはじまり。トップバッターは金曜19時クラスのサトミシ。途中でちょっとカンニングをしたけど、自己紹介と次の人へのバトンタッチに頑張りました。

サトミシに指名されて立ったジュンコシは、韓国語で暗記したお話をよどみなく発表できました。すばらしい!

3人目はアスカシ。
明るい笑顔で、堂々とした余裕の韓国語スピーチでした。

金曜19時クラスのラストを引き受けたマサコシ。
練習のあとが伺える、かなり余裕の韓国語スピーチでした。

金曜10時クラスのトップバッターはヒロコシ。
いつものとおり、もの静かで淡々としたスピーチでした。

木曜11時クラスのクンヒロミシは、元気で可愛いキャラクターそのままに、明るいスピーチは大成功!!

以前は大勢の人の前でスピーチするなんて考えられなかったヤナギシは、最近、急にイメージチェンジしてしまって若返りました!!

学院開講以来10年間、早朝クラスで頑張りつづけているカズミシは、上級クラス目前の実力。でも、容姿は10年前とぜんぜん変わっていないんですよねぇ‥

3年ぶりの学院祭での韓国語スピーチを終えて、感想と参加者に感謝を述べるキョンソン先生。

学院の開講と同時にはじまった午前7時からの早朝クラスで、10年間かわらず努力を重ねてきたメンバーに、キョンソン先生から感謝と激励の記念品とお花をプレゼント。

ひとくちに10年と言っても、雨の日も風の日も寒い冬も、早朝7時に通い続けるのは並大抵の努力ではありませんよねぇ。

ほんとうに陰日向無く頑張る姿勢は尊敬に値します。
これからも健康に気をつけて、楽しくお勉強を続けましょう。

左からタマイシ、オバンジャシ、カズミシの早朝クラスのメンバー。
このクラスは、キョンソン先生のプライドでもあるのです。

答礼のスピーチをするタマイシ。
タマイシはずっと若々しくて、この人のほんとうの年齢はわかりませ〜ん・・?

次にスピーチするのはオバンジャシ。いつも変わらず元気なオバンジャシは、クラスになくてはならないムードメーカー。オバンジャシは、このあと民族音楽を演奏していただく安聖民先生の、チャンゴのお弟子さんでもあるのです。

最後にあいさつするのは早朝クラスのカズミシ。
明るく笑顔が魅力的ですが、ふだんはちょっと控えめです。

では、今日のサプライズ企画で〜す。
皆さん用意はいいですか〜!(ぜんぶ韓国語です)

では一斉に、受付で渡したバナーを掲げてくださ〜い!



いつの間に配られていたのか、全員がのバナーを高く掲げました。

こんな幸せなサプライズが用意されていたとは、夢にも思いませんでした。
金曜10時クラスの皆さんから贈られたお祝いの花束を抱いて、感動と感謝で胸がいっぱいになって、キョンソン先生の涙がとまりませんでした。